© 2018 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

​第4回勉強会 岩崎先生

本日は京都府知事選挙前 特別イベント最終回でした!
第4回目のゲストは、精華町 教育部長の岩崎裕之さんです!
「京都府南部地域の現状と課題について」をテーマに講義していただきました。

京都府南部地域は、宇治市から合計12の市町村で成り立っています。
今回の講義で岩崎さんは、
「南部地域の現状とは、人口が18万人を超える市と1400人に満たない町、財政規模が600億円を超える市と13億円余りの町という極端な格差のある市町村が混在する地域であること」とおっしゃっていました。
この差があることから、京都府がそれぞれの課題を抱える市町村に同じような行政施策をしても、対応できない事もあるとお話してくださいました。
「選挙で、まちづくりを選択するのは、われわれ有権者である」

今回の講義を聞き、南部地域に住む京都府民の方は、自分の地域をどう変えていきたいのかを考え、京都府知事選挙に参加してみるのも良いかもしれません。

【参加した学生の感想】
・京都府の南部地域がどこまでを指しているのかも知らなった。
・京都府南部地域が今後の京都府を発展させる鍵となると聞き、京都府が賑わうイコール京都市が賑わっているというイメージだったので、印象が変わった。

・同じ南部地域でも、町によってこんなにも差があることを初めて知りました。